自立立体駐車場の賢い使い方
2021年9月30日

自走式立体駐車場とはどのような駐車場ですか?

駐車場には平面駐車場と立体式駐車場があり、平面駐車場は平地が駐車場になっており、立体式駐車場は階層がいくつか立体的に分かれているタイプで、自走式立体駐車場と機械式駐車場に大きく2つに分けることができます。立体式駐車場のひとつが自走式立体駐車場です。これは車を運転する人が、自ら目的の場所まで運転して駐車をするタイプです。マンションや公共施設などのある程度駐車台数が必要な場所に使われ、建てるには比較的広い土地が必要になりますが、多くの車を駐車することが可能になるので、条件はいくつかあるものの利用料金を抑えることができます。

また、機械式と比べて車の出し入れが簡単で、入出庫時の待ち時間がなく、雨風や日光などにさらされずに、防犯面に優れているなどのメリットがあります。自走式立体駐車場には、面積の広さや駐車しやすさによってフラット式とスキップ式、連続傾床式に分けることができます。フラット式はシンプルなタイプで、各階とスロープで繋がっているタイプです。登ってくる車と停める車の動線がしっかりと分けられているので安全性があり、見通しがよく、床も平坦なので高齢者や車いすなどを利用している人にも優しい立体駐車場です。

スキップ式は、床が半階分ずれて作られており、スロープも短く見通しが良いので、走りやすく空きスペースも見つけやすいという特徴があります。連続傾床式は、緩やかならせん状になっているタイプで、スロープが要らないため面積の有効活用が可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です