自立立体駐車場の賢い使い方
2021年9月30日

自走式立体駐車場のメリットとデメリット

自走式立体駐車場とは立体駐車場の中でも、自ら自動車を走らせて駐車スペースに駐車していくものを指します。これと対照的なのは機械式駐車場で、機械式の場合は収納する時に自ら駐車場内に入って駐車するのではなく、自動で収納する事になります。自走式のメリットとして挙げられるのは一台あたりのスペースが広めに取れるという点です。機械式だと自動で収納するための装置が場所を取るので、同じだけの敷地を用意しても実際に駐車スペースは小さくなる傾向があります。

機械式の中でも大型車を収納できるものもありますが、基本的には大型車は駐車できないケースも多いです。自走式の場合は大きめのスペースを取れるケースが多いので、大型車でも余裕を持って停められます。自走式は維持コストも機械式よりも安く済むので、トータルのコストが低く抑えられます。機械式の場合だとメンテナンス費だけでなく、故障があると復旧するまで使用できないので故障した時のリスクが大きいです。

しかし自走式ではそのような事が少ないので、急に駐車場が使えないという状況になりにくいです。自走式立体駐車場もデメリットは自動で収納できないので、自ら駐車場内を走って駐車スペースに停めないといけません。そのため自動車の出し入れの手間はどうしても必要になってきます。自走式立体駐車場は駐車場内を走行するので、内部での事故のリスクがあります。

経済的なリスクと同時にケガなどをするリスクにもなります。自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です