自立立体駐車場の賢い使い方
2021年10月6日

自走式立体駐車場ついて知っていますか

最近マンションや商業施設など大きな施設が多くなってきています。その結果、そこに設置されている立体駐車場もより大きなものになりました。一口に立体駐車場といってもさまざまなものがあることをご存じでしょうか。今回はその中でも代表的な自走式立体駐車場について説明していきたいと思います。

自走式立体駐車場というのは、その名の通り自分の運転で昇降するタイプの駐車場となっています。入場から駐車、退場まですべて自分で行うこととなっており、機械を操作するのは入場の際の駐車券の受け取りと退場する際の料金のお支払いのみです。自走式立体駐車場の利点はコストがあまりかからないところが挙げられます。機械による操作をあまり必要としないので、駐車場自体のメンテナンスがほとんど必要のないというところから多くの方から利用されています。

以前は、照明器具の交換や光熱費が多くかかるというデメリットがありましたが、LEDの発明によってそういった部分が気にならなくなりました。そういった意味ではあまり死角のないものになったと言えるでしょう。ただ、やはりこの方法だと面積が広すぎるというところがあります。近所の人からしてみれば大きな壁が出来たようなものなので、あまり気持ちのいいものではありません。

景観が損なわれてしまっているというところがあり、それをどのように解消させるのかというところが重要になっています。一つの手として木を植えるという方法が使われているところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です