自立立体駐車場の賢い使い方
2021年10月9日

自走式立体駐車場の特徴

ショッピングモールやスーパー、百貨店には駐車場は欠かせません。この駐車場にさまざまな種類があり、その中には立体駐車場と平面駐車場があります。平面駐車場は名前の通り広い面積の平面に区画を設けて車を停車させるもので、立体駐車場は立体的で多様化されたもので、広い土地がなくても多くの車を停めるスペースを確保できます。この立体駐車場にも種類があってそれには自走式と機械式があり、特に自走式立体駐車場は設備も簡素で経済的にもお得に設置できるので、各施設で採用されています。

自走式立体駐車場は運転者が車を運転して目的階に車を停車させるもので、ある程度の大きさの場所が必要ですが、マンションや集客用の駐車場に適しています。この自走式立体駐車場の特徴は車の入出庫を機械で操作する機械式よりも出し入れが簡単で、機械による出し入れの時間を待つこともありません。機械式のように一度格納されたら車の中の荷物を出すことができないこともなく、車の重量制限などもないのもメリットです。平面のように屋根がない施設ではなく室内停車などで、夏場でも日光で車が温められて車内が暑さで充満することもなく、雨や風の強い日でも快適にショッピングなどで施設を利用することもできます。

他にも室内だけに防犯面でも優れていて、駐車場が空いている時には出入り口に近い場所に停車もできます。このように自走式立体駐車場は任意に車を出し入れすることができるので、便利な面がたくさんあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です