自立立体駐車場の賢い使い方
2021年10月15日

自走式立体駐車場の3つの種類

立体式駐車場は平面駐車場に比べて小さなスペースに多数のクルマを止めることができるのが魅力です。立体駐車場は大きく2つに分けることができます。一つはエレベーターに乗せてクルマを止める機械式と呼ばれるもので、自走する必要がありません。それに対してもう一つは、自走して自分で駐車スペースにクルマを止める自走式立体駐車場です。

さらにこの自走式立体駐車場は、「スキップ式」「フラット式」「連続傾床式」の3つに分けることができます。自走式立体駐車場のスキップ式というのは、駐車階を半階分ずつずらしているのが特徴で、上の階に上がるためのスロープが短く、見通しも良く、一定方向にまわることができるので空きスペースがあるのに見つけられなかったり、通り過ぎてしまったりということがあまりありません。ただ駐車場全体が狭いことが多いです。それに対してフラット式というのは、駐車階が半階ずつではなく、1階ずつとなっている立体駐車場になります。

スロープは長いですがゆったりしており、各階もゆとりをもって作られていることが多いので、駐車するのも比較的楽です。連続傾床式は駐車場の床全体を緩やかに傾斜しており、スロープがない自走式立体駐車場です。フラット式やスキップ式に比べると、駐車効率が良いのが特徴で、少ないスペースにより多くのクルマを駐車させることができます。それぞれの特徴を理解し、ニーズに合わせて自走式立体駐車場のタイプを選ぶことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です