自立立体駐車場の賢い使い方
2021年10月18日

自走式立体駐車場には3種類の方式がある

大きな通りからスロープに入り、そのまま坂道を上がり空きスペースまで運転して空いている場所を見つけたら車を止める、これは自走式立体駐車場と呼ばれているものです。立体式駐車場には機械を使って入庫および運搬して自動車を止める機械式タイプもありますが、機械式にはタワー式や多段式などの2つがあり、自走式立体駐車場にもフラット式やスキップ式、連続傾床式などの3種類の方式があるのが特徴です。自走式立体駐車場の3つの方式は、駐車のしやすさや駐車スペースの広さなどの特徴および違いがあるのですが、自動車免許を取得したばかりの人などの場合は、最も駐車しやすい方式が安心などと考えるのではないでしょうか。フラット式は、各階のスロープが連結されているタイプで自走式の中では最もシンプルです。

上の階に坂道を運転して行くと、これから車を駐車しようとしている車両の導線が分けられるなど安全確保にも効果的といいます。フラット式では、見通しの良い駐車場になるメリットやスムーズな駐車が実現するなど自動車の運転や駐車が苦手な初心者などでも安心して利用することができるのではないでしょうか。スキップ式の場合は、駐車階層を半階ずつずらした構造を持つ立体式駐車場でスロープをそれぞれ短くできるなどから走行のしやすさが見通しの良さなども得られます。連続傾床式は、昇降スロープを兼ねている緩めの勾配を持つ立体駐車場で、緩やかならせん状の構造をしているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です