自立立体駐車場の賢い使い方
2021年10月24日

商業施設に欠かせない自走式立体駐車場

ショッピングモールや結婚式場、スーパーマーケットやホテルなどの宿泊施設、これらはお客さんのための駐車スペースが必須といえます。この中でもショッピングモールは、多くのお客さんが訪れる商業施設ですから駐車能力そのものが高くなければならない、すぐに満車になってしまうのでは困ります。このような施設に効果的といわれているのが自走式立体駐車場で、立体式駐車場の中でもドライバーが自ら駐車スペースまで運転を行うなどの特徴があります。立体式駐車場は、自走式立体駐車場と機械式駐車場の2つにわけることができるのですが、機械式はオペレーターを行うスタッフに声をかけてから所定の場所に車を移動させる、後は降車して自動車を空いているスペースまで機械が運ぶスタイルです。

機械式駐車場は、狭い土地にも建設ができるといわれていますが、安全にかつ確実に所定の場所まで自動車を移動させるための機械そのものの保守点検やメンテナンスなどが欠かせません。その点、自走式立体駐車場はドライバーが空いている場所を見つけて車を運転するスタイルになるので建築物そのものの保守管理は必要になるけれども保守費用を比較すると機械式よりも抑えられるメリットがあります。また、自走式立体駐車場は駐車台数をより多くできる、階数を増やせば増やした分だけ収容能力そのものが向上するため、ショッピングモールや大型のスーパーマーケットなどのような商業施設に多く採用されているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です