自立立体駐車場の賢い使い方
2021年11月15日

魅力のある営業車のラッピングを考えよう!

営業車のラッピングを行うことで、自社を宣伝する効果が生まれると思っていませんか?確かに社名などを車に入れることによって、自社の名前を憶えてもらえるきっかけを作ることにもつながります。ですが名前を入れればいいというものではないので、どのような点に工夫をしたらいいのか把握しておきましょう。より良い形で営業車のラッピングを行うことによって、高い宣伝効果を期待することにつながります。例えば車に社名を入れるとき、どのくらいの大きさがいいのかという点を考えることも必要です。

社名を入れても小さすぎると、認識してもらえません。一方で大きすぎると、自己主張が強いと悪い印象を持たれる可能性もあります。そのため社名を入れるときには、ちょうどいい大きさを見極めることが必要です。また営業車のラッピングでは、社名だけではなくロゴなどのデザインを入れたいと考えている方も多くいます。

ロゴを作ることによって、会社をイメージしてもらいやすくなるというメリットが生まれます。ですが派手すぎると悪い印象を持たれることもあるので注意が必要です。一方で地味なロゴだと、印象に残らない可能性もあります。実際に営業車のラッピングを行うときには、詳しい方に相談に乗ってもらうのも1つの手です。

高い宣伝効果を期待するためのノウハウをプロに教わることによって、より良い形で社名やロゴを入れることにつながります。イメージが膨らまない場合には、他社のものを参考にしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です